バレエの基礎の備忘録 再び

前回の続きです。

クラッシックバレエの指導の解釈について。

引用は「インサイド・バレエテクニック」より。

 

===================

「足を使いなさい(Use your feet)」

足の推進力が十分に足のつまさきに伝わっていないことを指しています。

足の裏側の固有の筋肉が弱いのが原因でしょう。

治療に関するエクササイズを紹介する本なら、これらの筋肉をもっと鍛える方法を含んでいますので、

心に留めておいてください。

もっともオーソドックスなバーレッスンを長い間続けていれば、この問題は解決できます。

特に効果的なのは、バットマンタンデュと、デガジェ、フラッペです。

これらのエクササイズをするときには足の指を力強くフロアに押し付けるように心がけてください。

支え足油のつまさきもきちんと体の重さを支えているはずです。

 

 

「足首を引き上げなさい(Pull up your ankles)」

たぶん、足が「内がえし」になっています。

足関節のアライメントを正しくしましょう。

無理に自分の能力以上にターンアウトしていませんか。

骨盤のプレースメントは間違っていませんか。

これらの細かなことは非常に重要です。

きちんとできるようになったら、つまさきを広げて、足関節のポジションを調整するための起点としてください。

 

 

「あごを上げなさい(Lift your chin)」

頭のアライメントが間違っています。

たぶん頭が前よりになっています。

どんな問題があるにしても、あごを上げるのは問題の解決にはなりません。

問題の大本に注目して下さい。

脊柱のアライメントです。

イメージトレーニングは成功への早道です。

心の中で脊椎、特に胸椎の上部と頚椎が整然と積み重なっている様子を思い描いて下さい。

メーベル・E・トッド著の「考える体」には、「頭から星にぶら下がりましょう」という

素敵なアドバイスがあります。