クラシックバレエの基礎の備忘録

バレエにとってはいまさらって言ってもいいぐらいの基礎中の基礎だけど、

初級者にレッスンしている立場としてはしつこいぐらいにおさらいが必要。

自分バレエ教室に通ってくれてる生徒さんたちに基礎は正確に学んでほしいしね。

 

以下、「インサイド・バレエテクニック」から引用です。

バレエでよく受ける指導の言葉の意味。

 

==================

「引き上げ(pull up)」

技術的な困難を解決する万能薬のように使われる単語ですが、

バレエ擁護の中で一番誤解されることが多い指令に違いありません。

間違って使われると、体のゆがみが生じますから、

いっそバレエ界から永久追放したいところなのですが、しぶとく生き残っています。

もし、この指令に忠実に従ってしまうと、これからやろうとするムーブメントで、

重力に適切に対応できなくなります。

たぶん、プレースメントを修正する必要が生じます。

きっとおなかが緩み、背中がリラックスしすぎているはずです。

どんな場合にも引き上げるためには、引き下げることが必要です。

一見すると矛盾しているようですがそうではありません。

 

 

「クァドを使わないで(Don’t use your quads)」

大腿四頭筋を全然働かせなかったら、足を曲げたり、ひざを伸ばしたりできていません。

この指示は、大腿四頭筋の使い方が良くないことを示しています。

このように注意された場合は、たぶん足が緩み、

大腿四頭筋とその拮抗筋であるハムストリングのバランスがとれていないのです。

ハムストリングの働きが活発なら、大腿四頭筋を硬く締めすぎなくてすみます。

骨盤のプレースメントを正しく、腰椎を伸ばし、股関節からターンアウトしておけば、

大腿四頭筋の働きすぎを防げるでしょう。

 

 

「内側の筋肉を使いなさい(Use your inside muscles)」

「クァドを使わない」を言い換えたものですが、こちらのほうが意味があいまいですね。

つまりこういうことです。

足をターンアウトすると、内側のハムストリングが太ももの内側にある主要な筋肉になります。

このハムストリングは足を前や横に上げる働きをしていますが、これらの動きは、

ハムストリングが縮むのではなく、伸びることによって起こるものです。

とはいえ、この指令は効果的です。イメージの魔力が発揮されるからです。

太ももの内側で長く伸びる筋肉に意識が集中すると、ハムストリングが解き放たれるのを助け、

大腿四頭筋がカチカチに縮むのを防ぎます。