小野真理子バレエクラス受講

おのまりコンディショニング&バレエクラス受けてた。
久しぶりにLesson後のこの軽い感じ。
別に、沢山脚あげたり、飛んだり、回ったり、大汗かいたわけでもないけど、課題を持ってゆっくりLessonする事で、自分の不得意な部分だったり弱い部分だったり、癖だったりが見えてくる様な。
今の自分のLessonって、課題を持ちながらも結局、失敗か成功か。みたいな。
周りの目が気になって仕方なかったりする。
失敗しない為にチカラで踏ん張ったり。気持ちで踏ん張ったり。
もうそんなチカラ出せる歳じゃないことも実感しながら…
結果、Lesson後は身体は解れるどころかガッチガチ。
全てが落ちていて、直後のリハはバテバテ…
Lessonの回数増やすとか、中上級のクラスももちろん必要。
でも、舞台に立つからこそ基礎のクラスが必要だよね。
バンバン飛んだり回ったりする事よりも、難しい事だし、それが一番シンプルなんだな。
その都度身体は変化していて、見直しが必要なわけね。
怪我をした時や、痛い時って身体は物凄い主張してくるけど、元気な時って案外身体の声を聞き取るのを忘れたりする。
身体の中のガイドが神経質になり過ぎておバカになってるから、繋がるものも繋がらないよね。
かといって、素人じゃないから基礎ばかりでもダメで…
何でもバランスが大事。
その中でLessonの仕方をチョイスできるといいんだろうね。
さて、仕事だ。