バレエのコンクール

何か…
ちょっとモヤモヤする…
バレエのコンクールの事ね。
私は昔から、出場したいとかって言う気持ちも無くバレエを続けてきて、でも高校生の時に実力試しみたいな感じで師匠に打ち明け出場した事もあり。
だから、コンクールに対して否定も肯定もしない。
小規模から始まるコンクールも多いだろうし、賞金や留学等、それぞれにコンセプトがあったりするんだろうし、
コンクールに出る生徒は、自分の夢に向かって、幼いながらにして楽しみながらも、いろんな物を犠牲にしながら、きっと想像を超えた稽古をするんだと思う。
でもさ、コンクールって普通のバレエ教室が自由に主催できてしまう時代になったのでしょうか…
まぁ、そんな事をスタートさせるのも有りかもしれないけど、何で今なの?
このスタジオが毎年こだわり続けてきたバレエ公演は?
それこそ、成長の場を奪ってしまうのでは…?
今いる生徒達はどう想うのだろう…
って、私があーだこーだ言っても仕方のない事だけど…
直ぐ反抗しちゃうから、たいてい仲間はずれにされるのよね(笑)
しぶとく居座ってるけど(^^;;
しかしビックリした。
そしてそれを記事で見て知るとは。