アスリート展

迷う事なく行ってきました!

ここでは全ての作品の撮影もオッケー👌

いろいろ体験もできるんだけど、1人では勇気が無く、、、

バランスチェックだけやってみたの(笑)
意識したよぉ!

お腹キュッとして、姿勢良く!

無印の状態で、

10秒キープ!

とりあえず10秒長い(笑)!

出たっ!!!
まさかのど真ん中!

狙ってど真ん中は凄くない?(笑)

感覚良いじゃん私!(笑)

普段のレッスンで言う土踏まずバランス!!

てか、アスリート前のめり過ぎじゃない?

アスリートが”爪先よりのバランス”ってのは、走り出す前とかなんじゃない?とも思うけど。

そしてやはりバレリーナもアスリート。

人が創り出す芸術。

肉体美。

日々の鍛錬の中で鍛え上げられた肉体。

研ぎ澄まされた「身のこなし」。

為末 大さんの文章より

『アスリートでいるということは、行為を行い極めること。

行為は自発的なものもあるが、相手選手に合わせたり、風や地面に合わせたりと、環境に対応する事もある。

ある行為を極めていくことで、感覚が敏感になり、知らなかった自分に出会える。
アスリート性は誰にでもあるが、手に入れるのに時間と労力がかかる。』

他にも、なるほどなぁと思う文章ばかりでした。

自分の重心をアスリート展で計測する アスリート展