ぎゅうぎゅうの満員電車から

沢山の人が降りるのに入り口からどかないサラリーマン。
「すみません降ります」と声をかけても、携帯いじったままどかない。
音楽でも聴いてて聞こえないのかなと思ったけどイヤホンしてない。
ドア閉まっちゃうから前の人に続いて出ようとしたら「そっちから行けば良いだろ」って言ってきた。
なっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
この男…
ペッ囧
ぶっ飛ばしてやろうかと思ったよ。
または思いっきしのグランバットマンね。
ただそんなエネルギーは無駄なので、可哀想にと思ってあげた。